Pixel3のカメラをフルサイズ一眼レフ6Dmark2と比較してみる-後編-

カメラ

前回のまとめ

前回はPixel3のカメラ機能のうち、明るい場所でのノーマルなカメラ機能を比較しました。結果としては、「一眼レフのほうが綺麗だけどパッと見だとそこまで分からない」というものでした。前編を見てない方は先に前編を見ておくことをおすすめします。

Pixel3のカメラをフルサイズ一眼レフ6Dmark2と比較してみる-前編-
スマホのカメラはすごい 前回の記事でPixel3のカメラ機能がすごい!ということを少しだけ書いたのですが、ふと一眼レフと比較したらどんなもんかと思い記事にしました。私の予想では所詮スマホなので6D2の勝ちだと予想しています。 使用す...

後編ではPixel3の特殊な機能(ポートレートモード、超解像ズーム、夜景モード)を一眼レフと比較していきます。

ポートレートモード

先ずはPixel3のポートレートモードによるボケを一眼レフのボケと比較してみましょう。なおPixel3でポートレートモードを使用した場合、強制的に1段階ズームされ約50mm相当の焦点距離となっています。なので一眼レフのほうも焦点距離50mmで比較しています。上がPixel3の写真、下が一眼レフの写真です。
pixel3 ポートレートモードによる「ボケ」一眼レフ 光学的「ボケ」

パッと見ではそこまで差は無いかと思います。しかしよーく見てみるとPixel3のほうは鎖の間がボケていません。また1段階ズームしているのでディティールが失われています。一方の一眼レフは当たり前ですが、違和感無くボケておりディティールもきちんと保持されています。ポートレートモードによるボケの再現はまだ一眼レフには追いつかないようです。
しかしPixel3のボケと一眼レフのボケを比較してほしいのですが、ボケの傾向がよく似ています。これは凄いことです! 今までのスマートフォン再現されたでボケは光学的なボケではなくガウスぼかしを使った下のようなものが多かったです。
今までのスマホ写真の「ボケ」

トラックがそのままボケていたりして、いかにも加工したボケという印象を受けます。しかりPixel3のほうは光学的なボケを再現できており、今までとはレベルの違ったものになっています。加えて若干不正確な場合もありますが、輪郭をきちんと検出できています。iPhone等でもポートレートモードはありますが、ここまで輪郭が正確に検出できるのはPixel3ぐらいなのでは無いでしょうか。(なお私はiPhoneを使ったことないので店頭で触った感触との比較です。あんまり当てにしないほうが良いと思います。)
このように一眼レフと比較すればまだまだですが、スマートフォンがここまで高品質なボケを作り出せるというのは素晴らしいです。

超解像ズーム

超解像ズームを使えば、デジタルズームするよりも綺麗な画像を得られるそうです。まずはPixel3で超解像ズームを使用して撮った写真が以下の通りです。上から順に1倍(約28mm)、2倍(約50mm)、3倍(約85mm?)、4倍(100mmくらい?)ズームです。
pixel3 1倍(28mm)ズームpixel3 2倍(50mm)ズームpixel3 3倍(85mm)ズームpixel3 4倍(135mm)ズーム

一方で一眼レフで段階的にズームしたのが以下の写真です。レンズが70mmまでなので、28mm、50mm、70mmのみを示します。
6d2 28mm
6d2 50mm
6d2 70mm

流石に超解像ズームとはいえ一眼レフの光学ズームには勝てません。一眼レフの70mmでの写真を拡大表示してみればその差は一目瞭然で、中心部の文字すら読めます。光学ズームに追いつくのはなかなか難しいようですね。

とは言え、超解像ズームでもディティールをまあまあ綺麗に描写できています。これなら記録用途や緊急用には十分使える性能ではないでしょうか。

夜景モード

今までのスマートフォンでは暗い場所での撮影となると、とたんにノイズまみれになってしましました。Pixel3ではどうでしょうか。
ここでは日が暮れて一気に暗くなってきたところを撮影しました。上から順にPixel3ノーマルモード、一眼レフ、Pixel3夜景モードとなっています。なお全て手持ち撮影となっております。
pixel3 日暮れ ノーマルモード6s2 日暮れpixel3 日暮れ 夜景モード

ノーマルモードは残念な結果ですね。一昔前のスマホに比べたらとても綺麗ですが下2枚には敵いません。
驚くべきは一眼レフとPixel3夜景モードとの比較です。拡大表示してもらえれば分かるのですが、Pixel3のほうがディティールが保持されています。特にPixel3では木の枝がバッチリ写っていますが、一眼レフのほうは潰れてしまっています。一方で全体的な雰囲気は一眼レフのほうが再現されており、実際に見た光景は一眼レフの写真に近いです。
こうように夜景モードを使えば手持ち撮影の一眼レフにディティールが勝る結果となってしましました。これには驚きです!! もちろん一眼レフを三脚に固定して撮れば夜景モードより圧倒的に綺麗な写真が撮れますが、手持ちだとPixel3のほうが細かいところまで描写できています。 正直Pixel3夜景モードの勝ちか引き分けだと思います。

もう一枚比較してみましょう。今度は暗すぎて一眼レフではAFが動作しないレベルの場所で比較です。Pixel3のノーマルモードで撮った写真は使い物にならないので省略します。
上からPixel3夜景モード、一眼レフとなります。
pixel3 暗闇 夜景モード6d2 夜景

もう一度言いますが、暗すぎて一眼レフのAFが動作しないレベルです。一眼レフはMFで合わせ、Pixel3のほうはどうせパンフォーカスなのでピントは適当にやってます。結果としてはPixel3夜景モードは実際よりもかなり明るく撮影できています。また一眼レフのほうも+2段の露出補正していますが、そこそこ写っています。

両者を比較すると、流石にこのレベルの暗さだとディティールが両方とも失われていますが、PIxel3のほうはパンフォーカスも相まってそこそこのディティールが保持できている気がします。一方でPixel3のほうは色が実際よりも幾分派手に盛られていますが、一眼レフのほうは実際の色に近くなっています。好みの差はあると思いますが、こちらはPixel3夜景モードの勝ちではないかなと思います。
改めて言いますが、AFが動作しないレベルの暗い場所で手持ちで撮っています。綺麗な写真が撮れなくて当たり前の環境でスマホがこれだけ写すのは素晴らしいとしか言いようがありません。

後編まとめ

ズーム機能とボケは一眼レフの勝利、暗い場所では手持ちに限りPixel3夜景モードの勝利か引き分け
基本は一眼レフの勝ちですが、夜景モードではPixel3が優位になってしまいました。いやー、これには驚きです。

比較まとめ

前編後編と比較した結果をまとめると、

  • 基本は一眼レフのほうが色、階調性やディティールが綺麗
  • Pixel3も拡大せずにパッと見る程度なら負けてない
  • ボケやズームを活かした撮影は一眼レフが綺麗だが、Pixel3もそこそこ綺麗
  • 暗い場所ではPixel3夜景モードのほうが綺麗かも

という結果になりました。これを見て「Pixel3で十分じゃん」と思う方は結構いるのではないでしょうか。確かにその通りです笑
このようにPixel3は今までのスマートフォンとはレベルの違うカメラ機能を持っています。というか写真専用機の一眼レフと勝負ができる時点で凄いんですよ!! 皆さんPixel3買いましょう笑
でも私はこれからも一眼レフを使っていきます。やはり写真専用機の一眼レフのほうが使いやすいですし、多くの場合においてスマートフォンより綺麗な写真が撮れますから。

コメント