写真のRAW現像に使うパソコンの選び方~ CPU? SSD? メモリ? という方に~

カメラ
スポンサーリンク

写真のRAW現像

カメラでの撮影にも慣れてRAW現像に手を出してみようかなという方に向けて、RAW現像に必要なパソコンの選び方を紹介していきます。

初めに

RAW現像にはそこそこのスペックを持つパソコンが必要になります。なのでRAW現像用に新しくパソコンを買う方は最低10万円くらいは覚悟してください。まあレンズ1本分と考えれば安いですよね。ね?

結論
  • 正しい色を写せるモニター
  • 最低でもメモリ8GB以上、できれば16GB以上
  • CPUはcore-i5以上
  • SSD搭載機種

上記を満たす機種なら問題なくRAW現像ができます。もちろんこれより高スペックなパソコンのほうがサクサク動きますが、最低限このくらいのスペックがあれば問題なく現像ができます


専門用語やアルファベットばっかりでよく分からねえという方もいるかもしれません。

そんな方にはAppleの「Macbook」またはMicrosoftの「Surface」(Surface Goは低スペなので除く)をおすすめします。Macbookならどの機種でもRAW現像できるだけの力を持っていますし、SurfaceもGo以外なら同じくRAW現像できます。

もちろんこの2種類は決して安くはないですが、画面も綺麗で高スペックなので間違いありません。スペックに悩むくらいならMacbookかSurfaceを選んだほうがいいです
www.apple.com

www.microsoft.com

RAW現像に使うパソコンの選び方

では写真のRAW現像に使うパソコンを選ぶにあたって、気をつけるポイントを以下で詳しく見ていきます。

正しい色を写せるモニター

正しい色を写せるモニターは写真現像においてはかなり重要です。パソコンのモニターは機種によって色が異なって見えます。高性能なモニターなら正しい色を再現できますが、ダメなモニターだと赤がオレンジに見えたりします。普段遣いにはそこまで影響しませんが、写真現像においては正しい色を写せるモニターは必須です。

ちなみに私が使っているノートPCはモニターがダメダメなので、外付けでモニターを買いました。高性能なモニターはほんと大事です。→(外付けモニターを買った話

最低メモリ8GB以上、できれば16GB以上

メモリというのは、CPU(後述。パソコンの頭脳)が作業をするテーブルだと思ってください。テーブルが大きい方がたくさんの資料を広げられるので、作業がやりやすいですよね。

パソコンの頭脳であるCPUもテーブル(=メモリ)が広いほうが素早く処理をしてくれます。写真の現像には大きなテーブルが必要不可欠なのです。

ゆえに、最低でもメモリ8GB、できれば16GB以上を搭載したものを選びましょう。

ネットでは最低メモリ16GBと言われますが、8GBでも結構動きます。実際に私が使っているパソコンもメモリ8GBですが、そこそこ動きます。とは言え16GBあればと思うことは多々あるので、なるべく16GB以上にしましょう。

CPUはCore-i5以上

CPUというのは、パソコンのほぼ全ての処理を行う場所でパソコンの頭脳です。簡単に言うと優秀な人材か平凡な人材かということです。

CPUには「Core-i●」(i3、i5、i7、i9が存在)という表記があります。この●の数字が大きいほど優秀な人材で、仕事が早いです。写真のRAW現像には「i5」以上の人材を用意しましょう。

CPUの中には「pentium」といったi●がつかないものがありますが、これらはi●より低スペックなので、RAW現像には向きません。選んではダメです。*1

SSD搭載

SSDというのは、HDDに代わる記憶素子です。例えるならば本棚にあたるものですかね…? 本棚から取ってきた本をテーブル(=メモリ)の上で広げて作業をするんですが、取ってきた本を走って持ってくるのがSSD、歩いて持ってくるのがHDDです。もちろんSSDのほうが早いです。

写真のRAW現像に限らず、SSD搭載の機種を一回使うとHDDの機種には戻れません。それくらいSSDにすると動作が早くなります。

RAW現像はパソコンにとってやや負担の大きい作業なので、SSDにして少しでも高速な動作にしましょう。

グラフィックボード

冒頭の結論には書きませんでしたが、グラフィックボード(通称グラボ)もあったほうが便利です。ただしRAW現像においてはグラボの重要性は低いです。グラボに金かけるくらいならメモリ増やしましょう

実際に私が使っているノートPCにも外付けのグラボは搭載されておらず、オンボード(CPUに搭載されている最低限度のグラボ)のしょぼいやつだけです。

ノートかデスクトップか

一般的にノートPCはデスクトップPCに比べて性能が落ちますが、持ち運びができます。家以外で100%使わないならデスクトップで良いですが、外でも使う可能性があるならノートにしましょう。
お金があるならどっちも買えば問題ないですが、高性能なパソコンは高いですよね… 過去記事(ノートPCを外部ディスプレイ+キーボードでデスクトップPCとして使うメリットと導入経緯)に書いたように、ノートPCならばデスクトップPCのように使うこともできます。なので迷うならノートPCにすることをおすすめします。

まとめ

いろいろ選ぶポイントはありますが、これらの事項に気をつけて写真のRAW現像用のパソコンを選ぶといいです。

  • 正しい色を写せるモニター
  • 最低でもメモリ8GB以上、できれば16GB以上
  • CPUはcore-i5以上
  • SSD搭載機種
  • 余裕があるならグラボ
  • 迷うならノートPC

特に正しい色を写せるモニターは実際に店舗で見ないと判断できないので、店舗で実物を見ることをおすすめします。

決して安くはないですが、「Macbook」や「Surface」は選択肢の一つになると思います。また、たとえ安くても低スペックな3万円くらいのパソコンは買わないようにしましょう。

*1:AMDというメーカー製だとi●表記はないので注意。ここでの話はIntelのCPUに限ります。

コメント