フォトグライフ

理系大学生が趣味のカメラやガジェット、理系っぽいことについて書いていきます。

一眼レフで使う安いレンズを見つける方法~AFを使いたい人へ~

安くても使えるレンズが欲しい

 一眼レフ用のレンズは高いですよね。特にフルサイズ対応レンズだと値段が跳ね上がります。そんな中で、少しでも安いレンズを探したくなります。

 安いレンズといえばオールドレンズがあります(一部の高級品は除く)。けれどもオールドレンズはマニュアルフォーカスのレンズです。MFでも十分使えますが、スナップや普段の記録にはAFがあったほうが便利です。今回はAFで安いレンズを探してみます!

結論
  • 純正、レンズメーカー製を問わず、古い中古レンズを狙うべし! 具体的には普及モデルの型落ちレンズの中古品
  • 特にフィルムカメラ時代のレンズ
  • レンズによるが、2万円以下で買える品が多い。ものによっては1万円以下のものも

 私はCanonユーザーなので、以下で例示するのはEFマウントになりますが、他のマウントを使っている方でも考え方は参考になります。

スポンサーリンク

型落ちレンズ

 型落ちレンズとは、最新レンズより一世代以上前の古いレンズのことです。フィルムカメラ時代のレンズも該当します。

 古い型落ちレンズは最新レンズに比べて性能が悪いのではないかと思うかもしれません。確かに最新レンズに比べたら性能は落ちます。これは避けようがない事実です。

 しかし!! 古い型落ちレンズでも必要十分な性能を持っている場合が多いです。それに、オールドレンズで撮られた作品が十分綺麗なんですから、型落ちレンズ程度なら十分すぎる品質です。

 とは言え、やはり画質は気になると思います。そういうときはPHOTOHITOhttps://photohito.com)の「レンズ作例」から作例を見てみましょう。自分が必要とする画質がどうかが判断できます。

おすすめは普及モデルの型落ちレンズ

 古い型落ちレンズと言えども、最上位モデルは高いです。例えば、みんなの憧れEF24-70F2.8Lは型落ちのI型でも十分高いですよね。

 けれど、普及モデルは案外安いです。例えばEF28mmF2.8の旧型やEF35mmF2の旧型は2万円以下で手に入れることが出来ます。

 Canonユーザーの方には嬉しいことに、EFマウントの安レンズはこのページに情報がまとめられています。

 古い型落ちレンズの中でも、特に単焦点は十分な性能を持っています。普及モデルの型落ち単焦点はコスパに優れます!

実際に自分で買いました

 私も安いレンズを探し求めていました。スナップや出かけたときの記録用に、焦点距離24mm~35mmあたりの単焦点レンズを探していました。けれど24mm、28mm、35mmのEFレンズはどれも高いです… 

 そんなとき、これらのレンズに旧型があることを知りました。調べてみると中古ですが非常に安い! これは買うしか無いと思い、使いやすそうなEF28mmF2.8を購入しました。

f:id:kuromitsu0528:20190224222545j:plain

 実際にEF28mmF2.8を使ってみると、予想以上に画質が良かったです。絞れば画質が良いのは当然ですが、開放でも拡大して見ない限りは十分な画質でした。

 ただし、AFスピードが少し遅いのとAFがうるさいのが欠点です。もちろん購入前にAFの情報は調べていたので問題は無いです。

 購約12,000円で購入したEF28mmF2.8旧型でもこれくらい写ります。1枚目はF11、2枚目は開放で撮りました。これくらい写れば十分ではないでしょうか。

IMG_2776

IMG_2783

まとめ

  • 普及モデルの型落ちレンズの中古品は安くてオススメ
  • 多少性能は低いけれども、十分な性能を持っている場合が多い。(特に単焦点)

 レンズにもよりますが、昔のレンズも十分な性能を持っています。その中でも普及モデルの型落ち中古品は最新レンズより安いのでおすすめです。