フォトグライフ

理系大学生が趣味のカメラやガジェット、理系っぽいことについて書いていきます。

バンドリ7thライブ RAISE A SUILEN「Genesis」の感想レポート

快進撃を続けるRAISE A SUILENの武道館ライブに参加

 2019年2月22日に日本武道館にて行われたBanG Dream! 7th☆LIVE DAY2:RAISE A SUILEN「Genesis」の感想をレポートしていきます。7thライブのうちポピパ武道館の感想レポートはこちらf:id:kuromitsu0528:20190226211026j:plain

スポンサーリンク

シークレット オープニングアクト

 開演約30分前。開演を楽しみに待っていると、ステージにRAISE A SUILEN(通称RAS)の5人とは違う、別の5人が登壇します。そう、バンドリ初のボーイズバンド「Argonavis」の方々です。何とシークレットのオープニングアクトとして登場することになりました。

 会場ではまさかの展開に歓声が上がります。そのままカバー曲「butter-fly」とオリジナル曲「ゴールライン」を続けて披露。会場を青色のペンライトで埋め尽くして沸かせます。

 その後は軽くMCをして退場。再びライブの開演を待ちます。

開幕

 照明が落とされ、RASオリジナル曲「R.I.O.T」中の『Don't waste your breath』の部分をアレンジした楽曲が流れます*1。そのままRASのメンバーが登場し、会場の熱気は一気に上昇。

 そのまま披露された最初の曲は、ライブ2日前に発売されたばかりの「A DECLARATION OF ×××」。曲中の『Raise your hand』の掛け声に観客は手を上げて答えます。サビの『I know. (You know.) You know. (I know.) 』『3,2,1, Jump』では合いの手を観客全員で入れ、会場はいきなり最高潮の盛り上がりを見せます。

 ちなみにこの曲だったと思うのですが、キーボードの倉地玲鳳さんが後ろを向いて演奏しており、度肝を抜かれました。

 その後MCが入り、衝撃的な事実を発表されます。それは今回のライブはアンコール無しのぶっ続けライブということです!!!!

 観客に衝撃が走る中、次に披露されたのは「A DECLARATION OF ×××」のカップリング曲「EXPOSE 'Burn out!!!'」です。この曲にはDJの紡木吏佐さん(通称つむつむ、チュチュ役)のパートがあり、それが生で聞けてテンション上がりまくりました。つむつむパートでは『Show time』『NO』の合いの手が入り、これまた凄い盛り上がりとなります。また、『Get your gun. Let's shut bung bung』の掛け声も観客全員で行いテンションがおかしなことになります。

 最新のオリジナル曲を2曲披露しただけで会場のボルテージは頂点へと上り詰めます。この盛り上がり具合こそRASのライブの醍醐味です!! ほんと会場は熱狂していました。

ゲスト:前島亜美

 RASオリジナル曲で会場が熱くなったところでゲストが登場します。最初のゲストは「Pastel Palettes」のボーカル:丸山彩役の「前島亜美さん(通称あみた)」です。『あみたー!』と叫ぶ声があちらこちらから聞こえます。

 あみたが登場して披露した最初の曲は「しゅわりん☆どり~みん」です。さっきまでのRASの空気とは一転し、会場はピンクのペンライトと共にアイドル間溢れる空気に変化します。『しゅわしゅわ どりどりーみん』を全力で叫んだり、BメロではPPPHを入れたりしてアイドル間溢れるライブとなりました。

 続いては「もういちど ルミナス」を披露。少しだけしんみりした曲に、会場はエモさに包まれます。この曲ではスクリーンに流れるアニメMVとあみたのダンスがシンクロし、そこにキャラクターの彩ちゃんが居るような錯覚を覚えました。

 そして、あっという間にあみた最後の曲です。披露されたのは2月20日に発売されたばかりの新曲「天下トーイツA to Z☆」! この曲は合いの手を入れるポイントがとても多いため、しっかり覚えて臨みました。会場が一つとなって『たーのも』や『えーとぅーぜ』を叫べてとても楽しかった記憶があります。

 あみたが退場して次のゲストが登場するまで束の間に水分補給をします。

ゲスト:伊藤美来

 続いてのゲストは「ハロー、ハッピーワールド!」のボーカル:弦巻こころ役の「伊藤美来さん(通称みっく)」です。こころちゃんの衣装を着たみっくは、まるでこころちゃんが3次元にやって来たかのように見えました。

 伊藤さんの最初の曲は『えがおのオーケストラっ!』です。会場は黄色のペンライトに包まれ、一気にハロハピの空気に変化します。上でも書きましたが、歌っている伊藤さんはこころちゃんとうり二つです!

 続いては「キミがいなくちゃっ!」を披露! バンドリ6thライブでも披露した曲ですが、相変わらずエモいです。ハロハピの曲は聞いているとほんと楽しくなります。

 そうしてラストの曲になり、2月20日発売の「ハイファイブ∞あどべんちゃっ」を披露。上2つとは異なり、激しめの曲なので合いの手も多く入りました。悲しいことに、この曲はあまり聞けずにライブに臨んでしまったので、非常に後悔しました… でもその分曲を集中して聞けたので良かったかもしれません。

 そうして伊藤さんが退場し、束の間の水分補給を行います。

ゲスト:三澤紗千香

 次のゲストは「After glow」のギター:青葉モカ役の「三澤紗千香さん(通称さっちゃん)」です。何とギターを抱えて登場します。そう、声優の三澤さんがギターを弾くのです!! 知ってはいましたが、改めて見ると驚きです。

 三澤さんと共に最初に披露する曲は「That Is How I Roll!」。王道的なロックナンバーに会場は高まります。この曲自体はRASのライブでもよく披露されますが、今回はAfter glowの曲をAfter glowのまま演奏しており、いつもと違った雰囲気に溢れました。

 そして「ツナグ、 ソラモヨウ」を初披露! 前2バンドと違いAfter glowのバンドストーリー第2章の曲*2は披露されていませんでした。それが今回初披露となり、会場は大きな歓声の包まれました。 曲は安定のエモさで、もう最高でした! バンドストーリー第2章の曲は何故こうもエモいのでしょうか。

 そうして最後の曲の「Y.O.L.O!!!!!」を披露します。この曲も2月20日発売の新曲であり、初披露の曲です。この曲にはギターのモカちゃんのパートがあるため、三澤さんも歌っており、非常に盛り上がりました! サビでは『HEY,"Y.O.L.O!!!!!"』を合わせて叫んだりして会場が熱気に包まれます。

 名残惜しげに三澤さんが退場し、再び束の間の水分補給タイムです。

ゲスト:三森すずこ

 最後のゲストはあのみもりんです! 詳しく説明すると、アニメバンドリに登場するバンド「Glitter☆Green」(ミルキィホームズ)のギターボーカル:牛込ゆり役の「三森すずこさん(通称みもりん)」です。圧倒的知名度なだけあって、会場ではあちこちから『みもりん』コールが聞こえます。私も叫んでいました笑

 そしてフルバージョンの「Don’t be afraid!」を披露。みもりんがこの曲をフルで歌うのは初めてです。このときばかりは、あの圧倒的歌唱力を持つみもりんの歌を生で聞けて体が震えました。爽やかなサウンドと爽やかな歌声に会場は緑に染まります。

 続いては2曲目にして最後の曲の「Glee! Glee! Glee!」を披露。歌う前に『運営さん、もっと曲下さ~い!』と言っていたのがツボでした笑 この曲が披露されるのは初めてではないでしょうか。同じく爽やかな雰囲気に包まれ、爽やかな盛り上がりを見せます。

 あっという間にみもりんが退場し、束の間の水分補給を行います。

後半戦、RASのパートへ

 ゲストパートが終わると会場は暗転。その後ドラムの夏芽さん(マスキング役)だけがソロで登場し、ドラムソロを披露します。すんばらしいドラムソロで、会場はマスキングのキャラ色である黄色に染まります。

 圧倒的パワーとテクニックを持つ夏芽さんのドラムソロは観客の心をあっという間に虜にしていきます。あの素晴らしい演奏を生で聞くことができてほんと感動です。いや、本当に凄かったんです。

 その後はRASのメンバーが全員登場し、各自がソロ演奏を披露していきます。

 最後にベースボーカルのRaychellさん(レイヤ役)アカペラで歌います。この歌声がまた素晴らしいんです!! 低音から高音まで力強さと繊細さを兼ね備えたような歌声で、観客の関心を一挙に集めます。このアカペラを生で聞くことができてほんと震えました。

オリジナル曲5連続-前半-

 会場が一気にRASの雰囲気に包まれると、次の曲「UNSTOPPABLE」を披露します。この曲がライブで披露されるのは3回目ということもあり、観客の合いの手やクラップも洗練されていました。また、ライブ後半で会場の熱気もかなり高まっており、非常に盛り上がります! 

 そしてそのまま披露されたのは「R.I.O.T」です。やっぱりRASと言えばこの曲ですよね。個人的に、この曲はライブで聞いて初めて完成すると思っています。なぜなら、ベースボーカルのRaychellさんがライブだとCDの5割増くらいカッコいいんです!! ほんとあの歌声には痺れます。

 その後は初公開の新曲「Taking my heart」を披露します。この曲は今までのRASの楽曲と異なり、バラード調となっています。とは言えやはりRASです。いわゆるバラードではなく、重くロックなバラード曲が演奏され、観客の心を掴みます。RASっぽさを残したバラードを披露することにより、RASの新たな一面を発見することができました。

オリジナル曲5連続-後半-

 次の曲に行く前にDJの紡木吏佐さんがまさかの発言をします。(以下は発言の要約です)
『次の曲に行く前に、皆さんスマートフォンを出して下さい』
『いつもはここでTwitterリツート行いますが、今日は違います』
『起動するのはTwitterではなくカメラです』
『それも静止画ではなく動画です』
次の曲のみ録画OKです!!! 録画してSNSに共有して下さい!
 という具合に録画が許可されました!?!?!?! ライブの録画は禁止が当たり前の中、まさかの録画OKに会場は驚愕です。『えー!?』といった驚きの声があちこちから聞こえてきます。

 そして観客ががスマホを掲げながら披露された曲は2回目の「EXPOSE 'Burn out!!!'」。スマホを持ちながらでも観客は合いの手をバンバン入れ、ペンライトをガンガン振ります。結果として、非常に盛り上がった映像が観客のスマホに記録されました。

 アリーナから録画された映像がYouTubeにあったので是非見て下さい! 録画しているので盛り上がりは若干欠けていますが、それでも雰囲気は十二分に伝わると思います。RASの凄さを是非感じてみて下さい。 www.youtube.com

 あっという間にライブ最後の曲となってしまいました。最後の曲は同じく2回目の「A DECLARATION OF ×××」です。開幕から会場の熱気を頂点に持っていったこの曲ですが、ラストに披露することで熱気を極限まで高めます

 最初の披露のときでさえ、観客は合いの手を全力で入れていましたが、ラストはさらに全力になります。もう熱気というより狂気のレベルで盛り上がっていました!! 私も全力で合いの手を入れ、全力でRASの演奏を感じ、全力で応援していました!! 

 大歓声の中演奏を終え、MCにうつります。

ラストのMC

 ラストのMCではメンバー一人ひとりからコメントがありました。

 りこぴん(Gt)が『RASには色々な声があったけどここまで来れてよかった』。れおちゃん(Key)が『大好きなバンドリに演者として立ててほんと嬉しい』。夏芽さん(Dr)が『前のバンドでは叶わなかった武道館という目標がバンドリで叶った』。つむつむ(DJ)が『諦めかけてた声優の夢がバンドリで叶って嬉しい』。ちぇるさん(Ba&Vo)が『来年で歌手デビュー10周年。歌うことを止めないで良かった』。といった旨のメッセージを伝え、観客の涙を誘います。というかこの記事書いてたら涙出てきた… 

 ほんとRASのメンバーの言葉は心に深く残りました。と同時にこれからも応援していきたいと強く思います。

 また、次のライブ日程も発表され、7月に神戸で単独2days行われることになりました!! 次はどんなステージを見せてくれるのか今から楽しみです。

 

まとめとか

 快進撃を続けるRAISE A SUILENの武道館となりました。今回のライブは今までのライブとは異なり、アニメキャラクターが発表された後のライブです。そのため、今まではペンライトが白一色だった会場が各キャラの色の染まったりして新鮮でした。

 特に開幕でペンライトの色が白ではなくライトグリーンだったのが印象的でした。白は「The third (仮)」*3の色、ライトグリーンは「RAISE A SUILEN」の色として定着していくのでしょうか。「The third(仮)」の2ndライブから参加していますが、白ペンライトが見られなくなるのはちょっぴり寂しいとともに、新たな道として嬉しくもあります。

 これからのRAISE A SUILENの活動に期待が高まります!

*1:この動画の0:30頃から始まるやつ

*2:スマートフォン向けゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ」には各バンドのストーリーがあり、第1章と第2章がある。その第2章のテーマ曲のことである。

*3:RASはthe third(仮)という名前で活動をしており、the third(仮)2ndライブでRASと命名された。