クラウドメモ帳の代わりにTwitterの鍵垢をメモ帳として使う

雑談
スポンサーリンク

クラウドで使えるメモ帳

皆さんクラウドのメモ帳サービス使っていますか? 紙やローカルのメモ帳と違い、クラウドのメモ帳は複数のデバイスから読み書きができてかなり便利です。私も長文をメモするときはGoogle keepというものを使っています。

でもクラウドのメモ帳を使うほどではないけど、軽くメモしたいときなどありませんか? 例えば仕事などのアイディアやURLの共有など… これらの用途に最適なメモ方法があります。

それはTwitterの鍵垢をフォローフォロワー0人で使うことです。誰にも見られずにTwitterを使うことでメモ帳として使用することができます。

この方法はとても便利です! 以下で理由を見ていきます。

Twitterはメモ帳として最適な理由

主な理由を3つあげます。

メモが時系列に並んで見やすい

一番のメリットはメモ内容が時系列でタイムラインに並ぶことです。

Twitterのタイムラインにはツイートが時系列で表示されるので、メモ内容を簡単にさかのぼることができます。ツイート数にもよりますが、タイムラインをたどれば数秒で一ヶ月前のメモまで見れるのでかなり便利です。またタイムラインではツイートが省略されずに表示されます。ゆえにメモとしてツイートした内容をタイムライン上で全て把握することが可能です。

このようにタイムラインにメモ内容が表示されることで、直近のメモに素早く目を通して確認することができます。

情報を素早く全体的に把握するにはTwitterのタイムラインが一番最適ではないかと考えます。

手軽にメモできる

そして手軽さです。

Twitterのアカウントを切り替えてつぶやくだけ。たったこれだけでメモの完了です。日々利用してるTwitterなので恐ろしく簡単につぶやくことが可能です。

他のサービスだと「メモする」という気分ですが、Twitterだと所詮ただの「つぶやき」なので心理的にも楽だと感じます。

メモ帳として必要十分な機能

シンプルイズベスト、それに尽きます。

メモとしては必要十分な140字のツイートに加えて、画像や動画も投稿可能です。また、いいね機能をチェック欄のように使うこともできます。

余分な機能が無いので逆に使いやすいと感じます。長文メモはGoogle keep使えばいいですしね。

まとめ:SNSをメモとして使えるのが一番のメリット

私がTwitterをメモ帳として使っているのでTwitterを上げましたが、LINEやInstagramなど他のSNSもメモ帳として使えそうですね。
やはり日々使っているSNSをメモ帳として使えるのが一番のメリットだと感じます。もちろんメモ専用のアプリを使ってもいいですが、私の場合はそこまでの機能を求めてるわけでもないんです。
シンプルで使い勝手の良いメモ帳となると、Twitterの鍵垢のようなSNSが一番になるのかもしれません。

コメント